メインイメージ画像

一つの方法とは

転職は人生を新たにスタートする為の一つの方法だと思います。だからといって、無意味に私は転職を持ち掛けたりはしませんが、でも本当に意味があるなら一概に悪いとは言えないはずです。会社の都合で心ならずもとか、働きたい職場に挑戦したいから自主的にといったいろいろな離職ケースがありますが、大切なのは前職を辞めた昔ではなく、新たに入社する転職先なのです。退職の原因がどんな理由でも、結果的に辞職するのは自分で、再就職するのも自分なのです。私も以前、再就職を経験しました。

職場が変わっただけで、こんなにも環境は違うのかと驚きを禁じ得ませんでした。今までの職場とはこうであるべきという思い込みを解放された思いでした。会社が変われば必ず新しい人生がそこに広がります。

転職をする場合、前職の退職手続きを正確にしておきましょう。手続きの中で健康保険においては、2つの選択肢があります。

健康保険の手続きは、これまで会社で加入していた健康保険を国民変更保険へ切り替える方法、あるいは会社の健康保険を任意で2年間継続する方法もあります。補足として任意継続に関しては、被保険者であった期間が継続して2ヶ月以上ある時だけ可能になります。国民年金に切り替えをする場合は、社保事務所でその手続きをしましょう。もし任意継続を希望する場合、退職後20日経過するまでに会社が属している健康保険組合にて手続きをする必要があります。保険料に関しては個人によって変わってきますので、安い方法を選びたい場合は、任意継続の保険料は健康保険組合に、国民年金保険料は役所に尋ねてみるといいでしょう。

更新情報